男らしく乙女の叫び

某ライブチャットパフォをやってる彼女との出逢いから現在の葛藤を・・・。。。ρ(-ω- ) イジイジ・・・

絶頂・完結編?

すいません・・・

すこしばかりサボってました。

気分的に乗らなくて・・・

「有名な作家みたいなこと言ってるな!!」
とお叱りを受けそうですが・・・

簡単に果ててしまったマンゴが
とっても愛おしく思えます。
でもボクは攻撃の手を緩めませんでした。

「好きなだけイキな。」

軽くうなずくマンゴを横目に見ながら
ボクの中指はソレを弄ぶのです。

「音聞こえる?グチャグチャ言ってる・・・」
「はぁ・・んん・はずかしい・・・」
「いつでもいいよ、
 好きなときにイキな」

「あ・・あはぁ・・だぁめ・だめ・・・」
今のやり取りで興奮してしまったのでしょうか・・・

「あん・・あは・いくぅ・・・いっちゃう・・・」

2度目の絶頂でした。

小刻みに震えるマンゴを抱きしめました。



もう離さない。離したくない。



こんなすばらしい女性に出会えた事に感謝します。

今まで以上に熱烈な接吻を交わす2人・・・
なにかを確かめ合う様にいつまでもしていました。

「気持ちよかった?」
「うん・・・」

「ベット行こうか・・・」

「うん」
もう一度そっと抱き寄せ、そのまま抱き上げました。

「お姫様だっこだぁ・・・」
ニコニコしながら少し照れくさそうに言うのでした。

やさしくマンゴをベットに横たわらせて
腕枕をしながらマンゴの横に滑り込みました。
そして抱きしめながらマンゴの股の間に
ボクの太ももを滑り込ませました。
やさしくキスをしながら
太ももでマンゴのソレを刺激してみました。

「あぁんん・・・あん・・はぁ・・・」

2度も果ててしまったマンゴは
すこし触れただけで感じてしまうようです・・・

「足がいやらしい・・・」
「そう?」
ただただゆっくり上下にさせながら
強く押したりやさしくしたりと
しているだけなんです。
それだけで果ててしまいそうです。

「んあんん・・・だ・め・かも・・・」

「いっちゃだめ・・・」
そのまま足を抜いてしまいました。
そうするとマンゴは自分から擦り寄ってきました。
そのままボクは仰向きにさせられました。

すこしイヤな予感が・・・
男性ならお分かりになると思いますが
脳内興奮がマックスになっていると
スグ自分自身が果ててしまう事を・・・

マンゴが覆い被さってきました
そのまま優しくキスをしてきました。
44(2).jpg



ボクが舌を絡ませようとすると
引いてしまう・・・

「なんで?」
「いいの・・・」
そしてまた優しいキスをしてきます。
でもまた引いてしまう。
そしてニコっと微笑みました・・・
先ほどとはうって変わってマンゴから
舌をからませてきました。
こんな濃厚なキスは初めてです。
そのままその舌が首筋をまわり
下へと降りていきます。
休む間もなくボクの乳首を弄ぶのでした・・・

「だめだって・・・声出そうになる・・・」

「いいよ・・・聞きたい・・・」

でも声なんて出せるわけありません。
声が漏れるのを我慢しながら
悶えてしまうボクがいました。

「なんか女の子みたぁい・・・」

たしかにマンゴの舌使いひとつで
身体が反応してしまうのです。
そしてマンゴの舌がさらに下へ向かいました。
はじめは舌で優しく攻められましたが・・・
すぐにマンゴの口に包み込まれました。
時には激しくそして優しく・・・

「どこが気持ちいい?」
「んっ?」

まともに答えられませんでした。
さらに激しくマンゴが刺激してきます。
ゆっくりと先から舐められ
そして裏側にマンゴの舌が向かった途端


    ビクンッ

ボクの身体が大きく反応してしまいました。

「ここ?ここがいいの?」

答えられません・・・

何かを覚ったかのように
裏側を攻めてくるのです。

あまりの気持ちよさに我を忘れてしまいました。

「あっダメだって・・・イッちゃうよ・・・」

半ば強引にマンゴを引き放しました。

そしてマンゴを仰向きに寝かせて
キスをしました。
とびきり激しいやつを・・・

「もうだめ・・・入れたい・・・入れて・・・」

「もう?」
「うんもう我慢できない・・・」

「いいよ・・・」

マンゴの股の中に入り込み
少し焦らしてあげようと思いました。
ボクの物をマンゴのソレに押し当てて
形を確かめる様に擦り付けてみました。

「あはぁん・・・あぁん・・」
挿入もせずにものを擦り付けるだけ・・・

「これもきもちいいでしょ?」

「んん・・・ダメ・・・入れて・・・」

それでもボクはやめません。
そのうちにボクの物が下のほうへ行くと
動きに合わせて腰を持ち上げてきました。

「イレてほしいの?」
「いじわるしないで・・・」

「イレたいの?」

「あはぁ・・・うん・・・イレて・・・」

溢れんばかりになっているソレは
簡単にボクの物を受け入れました。



「あああぁぁぁぁぁ・・・・」



マンゴの身体が大きくのけぞりました。
そして中をしっかり感じる様に
ゆっくりゆっくりとすこしづつ動かしながら
挿入していきました・・・

「あはぁ・・あん・・・すごぉい・・・」


       ・・・・・つづく





コメント

(・∀・)エロマンセー!!

いつもいいところで続くですね。
でも読み応えあっていい感じっす!
それにしても事細かに・・・
こっちがはずかしくなってくらぁー^^

まんごさんってポニアさんの彼女さん?

お〜っ

ずんべらぼん です。
お〜っ・・・・。
すごい事になってるねぇ。
お二人の気分も盛り上がりまくり・・・。
いやぁ・・・エロですな。(笑)
そして、「 エロ = 愛 」なんだなぁ。
これから、どうなるのかな〜?(^^;)

>挿入もせずにものを擦り付けるだけ・・・
コレ、ワタシもよく使います。
まぁワタシの場合、スグにちっちゃくナルので、成長するまでの時間稼ぎなんですけどね。

つーか、お2人の写真にかなりの興奮が・・・

秀きちさん

そうですよ〜
ボクの最高の彼女ですよ。
本当は自慢しちゃいたいんですが・・・
マンゴの仕事上すいません。

ずんべ〜

こんばんは!!
初めてであった二人です。
幸せですよ。(現在進行形)

そうそう「チーム48」
あんま魅力ないのかなぁ・・・

Fスタさん

でもこっちが脳内興奮で
いざ挿入しても
早漏のレッテル貼られる
危険性がないですか?

ボクだけかしら・・・

ニヤニヤさん

恥ずかしくならないで下さいな。
目指せバカップルですから・・・
どうですか?
こんな出会いもアリですよね?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ponia.dtiblog.com/tb.php/32-840616c2

【キャバ嬢計画!一歩前進??】

←読む前に軽くクリックお願いします!!えー、忘れかけていらっしゃる方もおられるのでわ・・・ってコトで、久々に『キャバ嬢落とすゾ』プロジェクトの進捗を報告させて頂きます。

出会いの匠

人生で一度もモテたことない40過ぎ童貞男を一週間後には出会いの職人に変えてしまった奇跡のノウハウ!

クロムハーツ

I だけ できませんでした 離れて行く自分{サイト|ウェブサイト|ウェブサイトの前に|前} {楽しんだ私は ことを示唆している|いつも} 情報 人 ゲスト|へあなた} あなたにを{提供? 標準愛さ

クロムハーツ 財布

あなたは、 本当にそれを作る見える 本当に簡単 あなたとあなたと一緒に発表しかし I 見つけることをこの{をトピック| 本当にすべき問題 |実際に} 何か たは私は信じています 私はかもしれない 決して理解しています。あまりに 複雑なと極めて 広範私にとっては。 私は 探し 前進 あなたに 続く 置く、 I意志 しよう取得する試みハング |をしがみつく。

ニューバランス 996

I も 私の仲間は、 |来|結局|たまたま| たであることが判明した 良い素敵戦術 上 ブログ しばらく その後 思い付いいたひどい 気持ち 私はしませんでした感謝サイトの所有者 {彼らのために|それらの秘密|それらの戦略|それらの私はに敬意を表明することはありませんテクニック|それらのヒント} 。 ほとんどの {男の子|みんな|女性|男性|人|女性|少年|若い男性がであるように見えた|実際にされている|すでに|となりました|来|結局|だった|たまたま|}確かにあった 楽しい を通読することと{が

ニューバランス 996

Awsomeさん ブログ 。私はそれを愛しています.. は、再び戻ってくるになります。フィードも|私はブックマークを取っています

シャネル バッグ 新作

うわー。この可能性があります 我々はしましたブログ今までこの主題で全体で到着します。最も役立つ便利な有益の特定の一実は ファンタスティック 。 私はよも専門家このトピックの そう、私はあなたのを理解することができます。

 | HOME | 


*これは浮気・・・?許して下さい!!*





Appendix

ぽにあ

ぽにあ

乙女チックな男です。
某アダルトライブチャットの客だった僕がそこのパフォーマーである女性と恋に落ちたという・・・純愛記録です。
「アエリエネー」という声が聞こえそうですが、ノンフィクションなんですよ。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Categories

Men's Recommend


++EX shot++
++カリビアンコムガール++
++一本道ガール++
++DXライブ++

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Lady's Recommend